パンズカン

手作りパンの材料・作り方・おいしい食べ方などパン好きな人がパンを楽しむサイト




トヨ型の使い方

円筒型ラウンドパンが作れるトヨ型。

アルスター合せトヨ型

トヨ型とは?メッシュ型との違い。トヨ型の使い方、トヨ型を使ったパンレシピ、について紹介します。

 

スポンサーリンク

トヨ型とは?

トヨ型とは、円筒型のパンが作れる型のことです。ドイツ語で『レーリュウケン』=『鹿の背』の意味。型の側面がぽこぽこしています。中にパン生地を入れて焼くのですが、生地がふくらんでも開かないようにストッパーがついています。

トヨ型を使うと表面がカリカリでおいしく、とにかくかわいいパンが作れるので、パン作りを見た目から入りたいと言う人にはぜひ使ってほしい型であります。

トヨ型で作ったパンでサンドウィッチやピザトーストなどアレンジしても映えますよ。

 

トヨ型とメッシュ型との違い

トヨ型は、製菓材料店で販売しています。トヨ型と形は同じ円筒のメッシュ型というものがあります。

トヨ型とメッシュ型の違いは、トヨ型は断面がやや楕円のパンになるのに対し、メッシュ型は、まんまるのパンが焼けます。

また、メッシュ型には細かい穴があいています。慣れていないとパンが穴がから出てきたり、パン型からパンを外すときにくっついてなかなか離れないといったことが起こります。

初心者には、メッシュ型よりトヨ型がおすすめ。

 

トヨ型の使い方

トヨ型の使い方

初めて使うときには、空焼きを行う→空焼きの方法はこちら

パン生地を長方形に広げる。横幅は、トヨ型の(内側の)幅に合わせる。

トヨ型の使い方

ロールケーキのように巻き、とじめをしっかり閉じる。

トヨ型の使い方

とじめを下にして、パン型に入れる。フタをして(またはフタを開けたままふきんをかぶせて)二次発酵。型の8割ぐらいの大きさになったら、二次発酵終了。

トヨ型の使い方

220度(ガス210度)で20分、上下をひっくり返して、210度(ガス200度)で15分

焼きあがったら、軍手をし、早めに型から外す

 

トヨ型を使ったパンレシピ

トヨ型といっても色々サイズがあります。型を購入したお店のクチコミやレシピなどを参考に分量を調べてみて下さい。
大抵は、食パン1斤分です。粉の分量250~300gのレシピで作れます。

【トヨ型で作るハニーチョコバーブルレシピ】

強力粉・・・300g
砂糖・・・・大さじ3
塩・・・・・小さじ2/3
インスタントドライイースト・・・小さじ1・1/2
バター・・・・・30g
水・・・・190cc(国産小麦の場合) 200cc(輸入小麦の場合)

ココア・・・・大さじ2
粒はちみつ・・・・60g

一次発酵 40度で1時間  二次発酵40度で20分

焼き時間 220度(ガス210度)で20分、210度(ガス200度)で15分

 

作り方は動画で

 

他にも抹茶マーブル×大納言 紅茶マーブル×オレンジピール チーズ×ゴマ など色々アレンジできます。

【トヨ型を使ったレシピ】

ねじねじメープルラウンドパンレシピ【富澤商店】

紫いものうずまきパンレシピ【cotta】

アルスター合わせトヨ型の食パンレシピ【cuoca】

 

 

その他のパン型、セルクル型、トヨ型、発酵カゴ(シンペル型、コルプ型)などパン型の使い方、選び方、お手入れ方法についてはこちらから

パン型の使い方
パン型の使い方

食パン型、円柱の形をしたトヨ型、無水鍋、ケーキ型をパン型として使う方法、イングリッシュマフィンを作るときに使うセルクル型やパンに模様をつける発酵カゴ(シンペル型・コルプ型)の使い方を紹介します。 &n ...

続きを見る

スポンサードリンク

更新日:

Copyright© パンズカン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.