パンズカン

手作りパンの材料・作り方・おいしい食べ方などパン好きな人がパンを楽しむサイト




パン生地にフィリングを入れるコツ

パンにレーズンやチョコチップなどフィリングをいれると風味や香りが広がってパン作りのレパートリーが増えます。

フィリングを入れる方法

フィリングとは?フィリングはいつ入れるのか?フィリングの入れ方、生地をマーブルにする方法を写真と動画で紹介します。

 

スポンサーリンク

フィリングとは?

パンの材料・チョコチップ

フィリングとはパンの中につめる具のこと。チョコチップやナッツなどの他、カレーパンなら中のカレー、アンパンならあんこなど色々。

さらに詳しいフィリングの種類はこちらから

フィリングを入れるタイミング

ホームベーカリーで生地をこねる場合、フィリングは、自動投入できるものがあります。もちろんその機能を使ってもOKです。

ただし、フィリングをいれるタイミングはむずかしく、やわらかいフィグのようなものだと、入れてからこねすぎるとぐちゃぐちゃになり、生地に練り込まれて、生地が汚い色になってしまったり、くるみなどナッツ類をこねながら自動投入すると小さくなりすぎて粉々になってしまう場合があります。

自動投入はあえて使わず、捏ね上がり直前にいったん、外に出し、自分の手で入れた方が失敗がありません

フィリングを入れるタイミングは基本的にはこちら↓どちらのタイミングでもいけるものもあります。

具材を練り込む、混ぜ込む場合 → 一次発酵の前

ドライフルーツ ・ ナッツ ・ チョコチップ

包む、のせる(トッピングする)場合 → 成形時

ナッツ・ チョコチップ ・ チーズ ・あんぱんの『あん』など

トッピングするものは焦げないものかどうかを確かめましょう。

 

 

フィリングの入れ方

フィリングは、先に下準備が必要なものもあります。→フィリングの下準備

フィリングを生地全体にまんべんなく混ぜ入れる方法

1次発酵前に生地にフィリングを混ぜ込む方法

生地が95%ほどこねられた状態で、ホームベーカリーやフードプロセッサーから一旦取り出し、生地を薄くのばし、上にフィリングをまんべんなく、広げます。

端から生地をくるくると巻く。

1次発酵前に生地にフィリングを混ぜ込む方法

右から左にむかってくるくると巻く。

1次発酵前に生地にフィリングを混ぜ込む方法

片手で生地を押さえ、もう片方の手でななめにひっぱる。押さえている手の方向にくるくると巻き戻し、90度向きをかえ、同じようにまたひっぱる。これを2,3度繰り返す。

その後、ボウルを受け皿にして、その上でモミモミとほぐずようにして、レーズンが全体にまんべんなく、行き渡るようにします。

フィリングを生地全体に入れ込む方法(シナモンロールなど)

ロール状にまんべんなくフィリングを入れる方法

シナモンロールのように、生地全体をロール状に巻くときにフィリングをまんべんなく入れるには、成形時に、生地を薄く広げ、まんべんなくフィリングを広げます。

この時、特に上下左右の端にも行き渡るようにする。そうしないと、仕上がり時に、このパンだけ中身が入ってないということになってしまいます。

ロール状にまんべんなくフィリングをいれる方法

フィリングを生地に押さえつけるようにして、生地にくっつけた後、全体をくるくると巻く。

フィリングを成形時に包む方法(あんぱんなど)

フィリングの入れ方・あんこ編

成形時に、中にフィリングを包むには。

分割した生地の1つを薄く広げ、その上にフィリングをのせます。

フィリングを入れる方法

上下、左右の生地をそれぞれひっぱるようにお互い同志をくっつけます。

フィリングを入れる方法

とじめをしっかり閉じる。閉じないと、おしりからフィリングがでてきます。

フィリングを成形時にまんべんなく入れる方法

成形時に入れるフィリングの入れ方

成形時にフィリングをまんべんなく入れるには。フィリングもパンの数だけ等分しておきます。

成形時に入れるフィリングの入れ方

分割した生地を薄く広げ、フィリングをまんべんなく広げ、くるくると巻きます。

成形時に入れるフィリングの入れ方

とじめはしっかり閉じておく。もし、表面にフィリングがでてきていたら、焦げるものもあるので、とって、下から中に入れ込んでおきます。

 

 

生地をマーブルにする方法

抹茶、ココア、など粉末を生地に練り込んで、マーブルにする方法を動画で紹介しています。

  1. 粉300gに対して大さじ1.5ほどの粉末を水に溶かして、液体状にしておく。
  2. 生地に広げる
  3. くるくると生地を丸めて 横からも同じように丸める
  4. 片手で生地を押さえ、もう片方の手でぐーっとのばす。戻して90度回し、同じことを繰り返す。2,3度繰り返して丸め直せば完成。

コツは、何度もやりすぎないこと。何度もやるとマーブル模様ではなくなってしまいます。マーブルではなく、生地に完全に練り込ませたいときには、最初に粉と一緒にまぜてこねます。

 

初心者のための手作りパンの作り方のコツ一覧はこちらから

パンの作り方とコツ
パンの作り方とコツ

パン作り初心者の人でもわかりやすい手作りパンの作り方の方法とコツ。工程の流れ、計量、下準備、こね、フィリングの入れ方、一次発酵、ガス抜き、分割、丸め、ベンチタイム、二次発酵、クープ、焼成それぞれを丁寧 ...

続きを見る

スポンサードリンク

更新日:

Copyright© パンズカン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.