パンズカン

手作りパンの材料・作り方・おいしい食べ方などパン好きな人がパンを楽しむサイト




鍋をパン型として使う方法

食卓を彩る鋳物ホーロー鍋はパン型としても使えます。

無水鍋をパン型として使う方法

鍋を使ってパンを焼くと、おいしく焼ける他に、見た目がとってもかわいいというメリットがあります。ホームパーティなどで鍋ごとパンを出すと、テーブルが豪華になりますよ。

パン型として使える鍋とは?鍋をパン型として使う方法、無水鍋にパンがくっつかないようにする方法、鍋(バーミキュラ)をパン型としてを使ったレシピ、について動画ど画像で紹介します。

 

スポンサーリンク

パン型として使える鍋とは?

基本的には、オーブンに入れられる鍋であれば、パン型として使えます。その中でも、鋳物ホーロー鍋で無水調理もできるものは、気密性と熱伝導率が高く、パン型としてもおすすめです。具体的には、バーミキュラとストウブ。そこまでの気密性はありませんが、ルクルーゼやシャスールでも使えます。

使えるか、使えないかは、最後の焼成時の200度前後のオーブンの熱に耐えられるかどうかを必ず確認してくださいね。

 

鍋をパン型として使う方法

鍋をパン型として使う方法

①1次発酵を終えた生地を丸め直し、分割、ベンチタイム

鍋をパン型として使う方法

鍋をパン型として使う方法

②丸めなおして、鍋の真ん中に1コ。その周りに均等に5つの生地を並べる。

ラップではなく、蓋をして二次発酵させる。

鍋をパン型として使う方法

③約2倍の大きさになったら、二次発酵終了。

 

鍋をパン型として使う方法

④予熱したオーブンに蓋は外して、鍋ごと入れて焼く。焼きあがったら、軍手をし、早めに型から外す

 

鋳物ホーロー鍋にパンがくっつかないようにする方法

焼き立てのパンはデリケートなため、型から外すときにパンが崩れてしぼんでしまうこともあります。くっつき防止のため、鍋には、クッキングシートを敷いておいたほうが失敗がありません。

鋳物ホーロー鍋にクッキングシートを敷く方法を紹介します。

ホーロー鍋にクッキングシートを敷く方法

①型の上にクッキングシートを置いて、ガサっと中にいれてみる。

底の丸がわかるように手で跡をつける。

 

鋳物ホーロー鍋にクッキングシートを敷く方法

②写真の点線の部分をはさみでカットする。

③切り込みを入れた所で重ねられるところは重ね、型の中に敷く。高さが余ったらカット。

完成

 

 

鋳物ホーロー鍋(バーミキュラ)を使ったレシピ

他のパン型と違って、パンを目的に鋳物ホーロー鍋を買う人ってあまりいないと思うので、メーカーもサイズも色々あり、持っているサイズはバラバラのはず。

家庭で作るパンとして作りやすいのは、直径18センチ~22センチサイズです。持っているという方は、作ってみてくださいね。

  • 18センチの鍋 → 250gの粉
  • 22センチの鍋 → 375gの粉

で作れます。

 

【バーミキュラ22センチを使った食パンレシピ】

強力粉・・・345g
ライ麦粉・・・30g
砂糖・・・・大さじ3
塩・・・・・小さじ1
スキムミルク・・・大さじ1
インスタントドライイースト・・・小さじ1・1/2
バター・・・・・15g
野菜ジュース・・250cc(国産小麦の場合)~270cc(輸入小麦の場合)

 

一次発酵 35度で40分  二次発酵40度で30分

焼き時間 200度(ガス190度)で15分、さらに10度ずつさげて15分(計30分)焼く。

 

作り方は動画で

 

ぱん子
丸型なので、ケーキ型で作るのと同じじゃないの?と思いますが、やさしい熱の伝わり方、保温性の高さからパン生地を発酵させるのにもピッタリ。ケーキ型より高さでてふんわり感がアップし、初心者でも上手に作れるので、おすすめです。

【鋳物ホーロー鍋を使ったレシピ】

ル・クルーゼでつくるパンレシピ

ストウブでつくるアップルシナモンロールレシピ

シャスールでつくるハロウィンちぎりパンレシピ

 

その他のパン型、セルクル型、トヨ型、発酵カゴ(シンペル型、コルプ型)などパン型の使い方、選び方、お手入れ方法についてはこちらから

パン型の使い方
パン型の使い方

食パン型、円柱の形をしたトヨ型、無水鍋、ケーキ型をパン型として使う方法、イングリッシュマフィンを作るときに使うセルクル型やパンに模様をつける発酵カゴ(シンペル型・コルプ型)の使い方を紹介します。 &n ...

続きを見る

スポンサードリンク

更新日:

Copyright© パンズカン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.