パンズカン

手作りパンの材料・作り方・おいしい食べ方などパン好きな人がパンを楽しむサイト




ハードパンとソフトパン

世界でパンは、数千種類あるといわれています。パンは食感によって、『ハード』なパンと『ソフト』なパンに分類することができます。その間のパンを『セミハード』とも。
ハード系のパン、セミハード系のパン、ソフト系のパンとは? どんなパンか、その特徴、違いを紹介します。

スポンサーリンク

ハード系のパンとは?

ハード系のパンは、外皮(クラスト)が堅く、パリッとした食感のパンです。例えば、バケットのようにシンプルな材料でゆっくり発酵させて、風味を引き出して作ります。

ハード系のパンは、それだけで食べるというよりもお食事パン(料理に合わせて食べるパン)が多いです。

ハード系パンの例

バケット、ライ麦パン、パン・ド・カンパーニュ

  • バケット・・・粉・塩・酵母の基本の材料だけで作るパン。ハード系パンといえばこれ。
  • ライ麦パン・・・ライ麦粉が多いほど重く、かたくなる。
  • パン・ド・カンパーニュ・・・フランスの『田舎風のパン』という意味のパン。外皮がぱりっとしている。

 

セミハード系のパンとは?

セミハード系のパンとは、ハード系のパンとソフト系のパンの間のかたさのパンを言います。

具体的には、ベーグルやフォカッチャや食パン、イングリッシュマフィンなど。

  • ベーグル・・・生地をゆでることで弾力のある歯ごたえに。といってもハードパンのようなパリッと食感はありません。
  • フォカッチャ・・・イタリアの伝統的なパンで食事パンの1つ。
  • 食パン・・・日本でパン屋さんの売上NO.1のパン。中は柔らかいけど、外皮はちょっと硬いパン。

いずれもほどよい噛みごたえで、食事パンとして食べられることも多いパンです。

ソフト系パンとは?

ふんわりやわらか食感。外皮(クラスト)と内側(クラム)のどちらもやわらかく、砂糖やバター、卵など副材料がたっぷりはいっていることが多いです。一部食事パンになるものもありますが、それだけでおいしくお菓子のような甘いパンが多い。

ソフト系パン例:バターロール、バーガーバンズ、メロンパン、ブリオッシュ、クグロフなど

  • バターロール・・食事パンとしても食される、バターの風味が香るパン。
  • バーガーバンズ・・・ハンバーガーを挟むパン。やわらかいサンドウィッチが作れる。
  • ブリオッシュ・・・バターや卵が多く入っている甘くてお菓子のような柔らかいパン。

 

パンに入れる材料の違いによって『リッチ』と『リーン』に分けられます。一般的に、リッチパンはソフト系、リーンパンはソフト系であることが多いです。

 

パンの種類と分類について一覧はこちらから

パンの種類と分類
パンの種類と分類

日本では世界各国のパンが作られていますが、その種類は数百種類もあります。パンの分類については、特に統一されていませんが、国別、材料別、酵母別、食感別などで分類することができます。 このページでは、パン ...

続きを見る

スポンサードリンク

投稿日:

Copyright© パンズカン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.