パンズカン

手作りパンの材料・作り方・おいしい食べ方などパン好きな人がパンを楽しむサイト




パン捏ね用おすすめフードプロセッサー

パンズカンでは、パンを捏ねるのは、基本はフードプロセッサー(フープロ)を使っています。

パン捏ねにおすすめのフードプロセッサー

パンを捏ねるのにフープロがおすすめな理由、パンを捏ねるのに適したフープロのサイズ、パンを捏ねるのにおすすめのフープロを紹介します。

 

スポンサーリンク

パンをこねるのにフープロがおすすめな理由

パンをこねるのは、

  • 手捏ね
  • ホームベーカリー
  • フードプロセッサー
  • パンこね機(ニーダー)

があります。それぞれのメリットデメリットはこちら。

手捏ね

デメリット:時間と手間がかかる。初心者が一度にこねられる生地は150gほど。家族で食べられる量には少ない。

メリット:捏ね完了の見極めがわかりやすい。

 

ホームベーカリー

デメリット:パンを作る以外に使えない。場所をとる。こねるのに15~20分ほど時間がかかる

メリット:値段が1万円前後と安い。手捏ねに比べて手間はかからず、楽。

 

フードプロセッサー

デメリット:値段が高い 3万円前後

メリット:こねる時間は約2分と短い。パンをこねる以外にも料理に使える。食パンをパン粉にもできる

 

パンこね機

デメリット:こねるのに15~20分ほど時間がかかる。こねる以外に使えない。値段が高い 3万円前後

メリット:水分の多い生地でもしっかりこねられる

 

メリット、デメリットを考えて、フードプロセッサが一番バランスがいいと思います。

 

パンを捏ねるのに適したフープロのサイズ

家庭でパンを作るなら、300g(食パン1斤分)~400gの粉の生地を一度にこねられると4人家族で2日分ほどの量が作れて便利です。

フードプロセッサーのサイズはリットルで表されますが、捏ねられる生地量ではなく、あくまでワークボール(容器)の大きさ。サイズ別、こねられる粉の量はこちら

ワークボールのサイズ 捏ねられる粉の量
1.0L 150g
1.9L 300g
2.3L 500g
3.0L 700g

パンズカンで使用しているフードプロセッサーは、1.9Lです。

クイジナートのフードプロセッサー1.9Lですと、300gまで捏ねられる事になっていますが、実際には150g~400gの粉を捏ねられることが確認済みです。

それ以上、500g、700gとなると、今度は家庭用のオーブンで一度に焼けない量になってしまいます。

自宅でパンをこねるのに使うフードプロセッサーとしては1.9Lサイズがおすすめです。

 

パンを捏ねるのにおすすめのフープロ

全てのフードプロセッサーがパン生地を捏ねられるわけではありません。

パン捏ねにおすすめのフードプロセッサー

パン生地を捏ねるには、パワーがあることと、生地を捏ねる用の羽(ドゥブレード)がついている必要があります。

食材を刻むためのカッターでパン生地を捏ねてしまうと、生地を傷つけるだけで捏ねることはできません。

 

パンを捏ねられるフードプロセッサーは色々あるのですが、捏ねられても150gと少量しか捏ねられないものがほとんどで、おすすめなのはサイズが豊富で、パワーもあるクイジナート1択。

パンズカンではクイジナートDLC-10PRO(1.9L)で捏ねています。DLCシリーズでは、軽くて丈夫、においがつきにくく、衝撃や熱にも強い、強化プラスチック製のワークボールになっています。

パン捏ねにおすすめのフードプロセッサー

キッチンに出しっぱなしでもすっきりしたデザインで、料理にも使えます。

 

5年以上使い続けて全く問題がなく、上手にパンが作れています。自信をもっておすすめしたいフードプロセッサーです。

 

その他、自宅でパンを作るための道具と材料一覧はこちらから

パン作りの道具と材料
パンの材料と道具

自宅でパンを作るための道具、材料にはどんなものがあるのでしょうか。 パン作りで使う道具、パン作りの材料、パン作りに使う粉、砂糖、塩、酵母、油脂、オーブン、フードプロセッサーについて詳しく紹介します。 ...

続きを見る

スポンサードリンク

更新日:

Copyright© パンズカン , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.